赤帽 引越し

MENU

赤帽の引越し料金は断然安い

 

赤帽の引越しは値段的に安いので助かります。

 

ただ、こちらがいろいろ手助けしないといけないかな、という感じはありますね。

 

段ボールなど、付属サービスはまったくありません。

 

サービスを期待する人はやめた方がいいです。

 

それなりにサービスを期待するのであれば、それなりの料金は払わないといけないくらいの考え方がいいと思います。

 

安いところは細かいサービスは徹底的に省いているのでその値段といったことですね。

 

一人の引越し、近距離であれば安いところで問題はないでしょう。

 

家族が多かったり、長距離の引越しの場合は赤帽さんは向かないかもしれませんね。

 

一人分でも作業時間は思ったよりかかりました。

 

おそらく2時間程度でしょうか。

 

時間には余裕をもって臨んだ方がいいです。

 

 

 

引越し業者を決めるときは

 

値段だけでなく、電話で質問したときに親切に答えてくれる会社が一番いいと思います。

 

それが一番トラブルなく、気持ちよく利用できると思います。

 

クロネコの単身パック、日通の単身パックなど大手でも単身パックはたくさんありますが、大手イコールいいとは限らないので、いろいろ見積もりをとったりして検討するのが大事だとおもいます。

 

やたらと景品をくれたりするからといっていいとは限りません。

 

保険にはいっている会社であれば、万が一、引っ越し作業中に家財をぶつけたりしても、すぐに対応してくれるとのことなので、高価なものを運ぶなどいったひとは、そこらへんもチェックするようにした方がお得です。

 

余裕をもって業者を選ぶことがおすすめです。

 

梱包などはできる範囲で自分でやっておいた方が料金もお得なのでできるところはした方がいいでしょう。

赤帽の強みはシンプルな所!(体験談)

 

友達の紹介で赤帽を使いました

 

友人が安値で引越しをした業者…ということでその業者もとい、赤帽を紹介してもらいました。

 

はじめは聞いていた値段よりも高い金額を提示されたのですが、友人の話を持ち出し、頑張って交渉して友人と同じくらいの値段で引っ越すことができました。

 

営業さんが話しやすかったのも値引き出来た要因かもしれません。

 

(温厚な感じでタバコの臭いもなく、とても良かったです)

 

業者の方は1名しかいらっしゃらなかったのですが、安いからといって特にトラブルもなく洗濯機の設置から冷蔵を運ぶなど最後まできちんとやってくれました。

 

一人暮らしのための引越しで荷物も少なかったので、安値でできて本当によかったと思っています。

 

また、私も友人に紹介してその子も安値で引越したということでした。

 

業者の方は採算が合うかわわかりませんが、引っ越す側としてはシンプルでとてもよかったと思います。

 

 

 

引越しがひと段落した後に電話を入れお礼をしておきました。こうすることで次回利用するときに印象がいいかな、といった思いもありました。

 

実際2回目の引越しでも利用したのですが、前回と同じ値段でやってもらうことができたので満足しています。

 

しかし、前回よりも荷物が増えていたのでダンボールを運んだりと多少手伝いはしましたが時間もそうかからず、すんなりと終わりました。

 

いろいろとサービスがついた引越しもありますが、単身の引越しならシンプルでわかりやすいものがいいと思います。

 

また、知り合いに紹介してもらうことで、安いけれど仕事はしっかり丁寧してくれたようにも思いました。

 

荷物はすべて自分でまとめたのですが、ダンボールのふたを閉めるのは最後の日と決めていたので何回も荷物をひっくり返すこともありませんでした。

 

赤帽でかなり安い引っ越しが出来ました

 

神奈川から都内までの引っ越しで高速料金や車代コミコミで15000円以内で安くあがりました。

 

お金をかけたくないけど男手が欲しい。

 

友達に頼むのもちょっと気が引けるという方にはよいと思います。

 

ドライバーさんは基本男の人ですし、重いものは必ず運んでくれます。

 

ただ、引越し専門業者ではないので時間制なところもあります。

 

そうすると急いで荷物を運んだりとあわだたしいです。

 

家族が手伝う引っ越しの場合は気心が知れているのでかなり楽ですが車などの確保が大変です。

 

軽トラックなどの荷台がある幌付きのものが理想的です。

 

洗濯機や冷蔵庫、自転車に布団や家具その他諸々背の高いもの低いものと様々あるので屋根がないタイプの方が臨機応変に使えます。

 

 

 

荷物の整理方法について

 

赤帽で引越ししたら。。。

引越しは何度しても慣れることはないのですが、荷物はコンパクトにするのが理想的です。

 

着なくなった洋服や読まなくなった雑誌。

 

使わないものを次に持っていくと新しい場所が最初からごちゃごちゃになって片付かなくなります。

 

これは絶対に使う!と思って取っておいてもよく考えると使う機会がないかまた手に入るものばかりです。

 

洋服は特に嵩張るので着なくなってるならリサイクルショップにでも持っていくのが有効です。

 

買い取って貰えなくてもお店で処分してくれるので自分で捨てる手間もなくなります。

 

流石に食べ染みや落ちそうにもない汚れのあるものは雑巾がわりにして最後まで役立ってもらいます。

 

寝具や洋服は圧縮袋で小さくして荷物が動かないように間を埋めたりするために隙間を埋めたりするのに活用してください。

単身引越しを赤帽で行った結果…(20代女性の体験談)

 

まず赤帽の作業員としては非常に若かったです。

 

なので、重たい家電系統やダンボールなんかも全く苦にならない様子で運んでくれました。

 

業者であれば誰もが運べるのだろうけれど、とてもスピーディーに動いてくれていたので見ている方としては非常にがんばってくれている様子に好感が持てました。

 

私は女の単身での引っ越しでしたので、引っ越しをしたあとの設置なんかに不安がありました。

 

ですがその赤帽の方には、重いものの設置は勿論ですが洗濯機の設置のあとで、きちんとすぐ使えるようにまでして頂きました。

 

荷物が多い方には難しいかもしれませんが、赤帽ですと一対一でコミュニケーションも取りやすく、細かく色々聞いて頂けたのでこれといって失敗はありませんでした。

 

 

引っ越し時の注意点

引っ越し時には、余裕を持ってスケジュールしてください。

 

私もそうですが、何かと社会人は予期せぬ仕事に見舞われたりします。

 

そうなると今日片付けようと思っているものは全くもって片付きません。

 

そして休みの日にやろうと思っても仕事の疲れから遅くまで寝ていたり、休みの日だからとショッピングに行ってしまったり…と進まない状況が非常に多くあります。

 

なので、スケジュールは多少余裕を持つ必要があります。

 

ですが、時間がまだあると思っているとなかなか片付けもスタート出来ません。

 

この日は絶対に片付け!という日を最初から作っておくのが理想です。

 

その日だけは友達に誘われようと恋人に誘われようと心を鬼にして「引っ越しの準備があるから今日はダメなの、ごめんなさい!」と言う日にすることが大事です。

更新履歴